Windows10 ファイルを開く際のアプリを変更する方法(既定のプログラムの変更)

ファイルを開く際にどのアプリ(プログラム)で開くかの設定は簡単に変更することが出来ます
例えば、写真ファイルがフォトで開くのを変えたいときに簡単操作で変更可能です

今回は既定のアプリを変更する方法を紹介します

 

ファイルを開く際の既定のプログラムを変更する

Windowsボタンをクリックして「スタートメニュー」を表示させます
Windowsボタンをクリックして「スタートメニュー」を表示させます

 

「歯車」アイコンをクリックします
「歯車」アイコンをクリックします

 

Windowsの設定画面が表示されます。「アプリ」をクリックします
Windowsの設定画面が表示されます。「アプリ」をクリックします

 

設定画面が表示されます。「既定のアプリ」をクリックします
設定画面が表示されます。「既定のアプリ」をクリックします

 

画面右側で、「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」をクリックしますファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ

 

ファイルの拡張子と対応するアプリ(プログラム一覧)が表示されます
ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ

拡張子とは
ファイル名の後ろについているピリオド「.」以降の文字列です
ファイルが何のファイルであるのか判別し、ファイルをクリックすると対応したアプリ
で開くことが出来ます

<拡張子が表示されない場合は>

Windows10 ファイルの拡張子を表示する方法
Windows10のデフォルト設定では、ファイルの拡張子を表示しない(非表示)ようになっています 拡張子とは、ファイルの種類を識別するために使われるファイルの末尾にある「.(ピリオド) + 英数字文字」のことです。 例 テキストファイ...

 

今回は例として拡張子「jpg」のアプリを変更します

 

jpgの横にあるアイコン(今回であればフォト)をクリックします

jpgの横にあるアイコンをクリック

 

「アプリを選ぶ」画面が表示されます。今回はペイントを選択してみます

アプリを選ぶ

 

jpgの横にあるアイコンが「フォト」から「ペイント」に変更されました

jpgの横にあるアイコンがフォトからペイントに変更されました

 

 

実際にjpgファイルを開くと、ペイントで起動されます

実際にjpgファイルを開くと、ペイントで起動されます

 

このように開きたいアプリに変更することが可能です

 

 

戻したい場合は、jpgの横にあるアイコン「ペイント」をクリックして、アプリを選ぶから「フォト」を選択すれば元に戻ります
戻したい場合は、jpgの横にあるアイコン「ペイント」をクリックして、アプリを選ぶから「フォト」を選択すれば元に戻ります

 

 

アプリを選ぶにアプリが表示されない場合

拡張子の横のアイコン表示がなく「既定を選ぶ」となっており、クリックしても「ストアでアプリを探す」しか
表示がない場合は、対応するアプリがインストールされていない状態です

 

開きたい場合は「ストアでアプリを探す」からアプリを探すか、WEB検索でアプリを探してインストールする
必要があります

開きたい場合は「ストアでアプリを探す」からアプリを探すか、検索してアプリを探してインストールする必要があります